弁護士相談無料の注意点

無料弁護士での注意点

無料の弁護士で注意すること

最近は弁護士法が改正されて、弁護士は広告もできるようになり報酬金額などが自由に設定できるようになりました。そのため、以前は30分で5000円が相場だった相談料が今では無料というところが多くなり、さらには成果報酬として訴訟に勝った時だけ料金を払う法律事務所も出始めてきました。しかし、注意する点もあります。それは、成果報酬の場合、通常の報酬の2倍とられるということです。その結果、相手からの取り分が大きい時はよいのですが、少額の場合はそこから2倍の報酬をとられてしまうと、裁判をして買っても意味がないこともあります。そのため、無料と言っても決してよいことばかりではないために、まずは自分のケースと照らし合わせてどちらがよいのかを考える必要があります。一方で、弁護士を頼む費用すらないときは無料制度は一つの選択肢です。もう一つの注意点は、無料と言う甘い言葉につられて、その弁護士が自分にあっているかどうかをよくみえていないことがあります。弁護士とは委任関係になるので相性はとても重要ですが「無料でやってもらうのだから」と思って遠慮して正しい判断ができないと後で後悔することになってしまいます。そのために、その点も注意です。

↑PAGE TOP

Menu